震惊:这些东西居然是日本人发明的

发表于 讨论求助 2021-05-03 16:40:52


看到第一名日语君表示心服口服。


日本の技術力は、今や世界中に知れ渡っています。日本人の発明品が、その業界の基盤になっているものも多数ありますよね。それは、何事も真面目に取り組み、器用にこなす日本人の努力と成果のたまものと言えるかもしれません。そこで今回は、世界に誇りたい日本人の発明品をランキング形式で紹介します。

日本的技术水平如今享誉世界。也有许多日本人的发明成为业界的基础。或许可以说这归功于日本人认真对待任何事情,做工灵巧的努力和成果。这次以排行榜的形式给大家介绍一些日本人在世界中引以为豪的发明物。


1、インスタントラーメン

1、方便面


1位には《インスタントラーメン》がランク・イン。お湯をそそぐだけで美味しく食べられる《インスタントラーメン》は、日本生まれの即席麺です。今や世界中に普及している《インスタントラーメン》ですが、1958年に日清食品創業者の安藤百福の発明が最初と言われています。諸説あるものの、日本人が発明した世界に誇れる食品であることは間違いなさそうです。

进入榜单第1名的是“方便面”。只要加入热水就能享用的美味方便面,是产自日本的即食面。如今在全世界普及的方便面据说是1959年,由日清食品创始人安藤百福所发明的。虽然(关于方便面的来历)还有很多说法,但毋庸置疑的是,方便面是日本在世界引以为豪的食品发明。


2、青色LED(発光ダイオード)

2、蓝光LED(发光二极管)


2位には《青色LED(発光ダイオード)》が選ばれました。発光ダイオード自体は、1962年にニック・ホロニアックによって発明されました。発明当初の発光ダイオードは赤色のみだったそうです。光の三原色の要でもある青色の開発に成功したのは、他ならぬ日本人でした。その功績を称え、2013年に開発者の中村修二がノーベル賞を受賞した。《青色LED(発光ダイオード)》は、まさに世界に誇れる日本人の発明品と言えます。

入选第2名的是“蓝光LED(发光二极管)”。1962年,约翰·巴丁发明了发光二极管。最初发明的时候发光二极管只有红色。而成功开发出光的三原色之一蓝色的不是别人,正是日本人。为了表彰这一功绩,2013年开发者中村修二获得了诺贝尔奖。 可以说“蓝光LED(发光二极管)”不愧是日本在世界引以为豪的发明。



3、温水洗浄便座

3、温水洗净座便器


3位は「温水洗浄便座」でした。トイレを快適にする「温水洗浄便座」は、日本国内では7割にも及ぶ普及率とのこと。「温水洗浄便座」の原型は、医療用にアメリカで開発されていた製品でした。1964年に伊奈製陶が、日本国産初の「温水洗浄便座」を発売したのを皮切りに、TOTOも1969年に国産の発売を開始。現在では、多機能で高性能な日本製の「温水洗浄便座」が世界を席巻しています。

第3名是“温水洗净座便器”。温水洗净座便器能够让人如厕更舒适,在日本国内的普及率甚至达到了7成。温水洗净座便器的原型是美国发明的医疗用制品。自1964年伊奈制陶开始发售日本本土产的温水洗净座便器后,TOTO也于1969年开始了日本本土产品的发售。现在,多功能、高性能的日本制造温水洗净座便器正在席卷全世界。


4、自動改札機

4、自动检票机


5、カラオケ

5、卡拉OK


6、レトルトカレー

6、袋装咖喱


7、乾電池

7、干电池


7、電気炊飯器

7、电饭煲


7、胃カメラ

7、胃镜


10、シャープペンシル

10、自动铅笔


上海互加文化传播有限公司

官方网站:http://jp.hjenglish.com/(日语站)

微信号:hujiangjp

微博:@沪江日语



搜索微信号:hjjap1

掌握最新名师公开课资讯,获取丰富学习资料,加入学习讨论群。
相关推荐

除了这些正统派发明外,日本还有很多“奇葩创意”

戳下方阅读原文让你大开眼界!

↓↓↓
发表